一枚板テーブル・家具の「一生もの家具工房 やかた」


TOP > やかたの家具工房から

 
 

たいせつな家族のような家具 一枚板と暮らす。

 



一枚板は

丸太から切り出した一枚の板のこと。

 

その姿からは木そのものの

独特な感触・色・模様を感じることができます。

それは、何ひとつとして同じものがありません。

 

その名の通りの一枚板の家具は

木そのものの個性を活かした家具です。



「やかた」は

江戸時代からタンス製造で名を馳せてきた家具産地 府中(広島県)にて

家具製造を通して木の個性と一枚一枚向き合ってきました。

 

わたしたちは知っています。

長くともにすることで

木の個性が愛着に変わっていくことを。

 

だからこそ

愛着がたくさん備わる家具と

一生ともにしていただけるよう

わたしたちは丁寧に壊れにくい家具を作り

たとえ壊れたとしても大切に繕います。

 

そして

当工房のお店では

一枚板同様に一生ともにしていただける

それ以外の手仕事の品も取り扱っています。

たとえば世界にひとつだけの手織り絨毯 ギャッベなどです。

 

丁寧に作られた品を

生活に取り込んでみてください。

 

家具産地 府中からあなたのホーム(やかた)へ

家族のように一生付き合える家具を。




 
 

素材を活かす手仕事の数々

 

素材そのままの状態では家具として使えません。素材を家具として育て上げるのは人間です。当工房は広島県府中市で伝統的なタンス製造で培った技術で、きちんと素材と向き合ってゆっくりと丁寧に加工していきます。





素材は長期間(3年程度)寝かして自然乾燥。素材を見守ることも家具作りです。





機械をつかいこなすのも人間です。ひとつひとつ異なる素材、木については機械任せに出来ないとわたしたちは思っています。研磨も最終的な仕上げは人の手で行います。

 




 
 

工房が直接お届けする意味:素材の魅力をそのままにお伝えすること。

 

工房から直接お届けしたいと思ったのには理由があります。それは、ひとつひとつ違う素材の魅力をお伝えしたいからです。

たとえば、素材の割れをそのままに実用性を高める「ちょうちょ」という技法があります(上写真。この技法で、素材の表情としての割れにも親しみを持っていただけると思います。

一定量在庫が抱えられる量産品を扱うことのほうが簡単ですが、それでは木の素材の個性ある魅力を伝えることは難しいです。だから、ひとつとして同じものが無く、木の個性を最大限活かした製品として一枚板をお届けします。




 
 

一生ものの絨毯 ギャッベのこともお伝えします。

 

海外の一品もので長く使えるものとしてギャッベをご紹介しています。ギャッベとはイランの遊牧民が手織り刷る絨毯です。ギャッベに見られる遊牧民の素朴な絵柄、天然染料(草木染め)の色。一枚板の木の個性とは違った、素材の個性や作り手の思いを感じていただきたいです。ギャッベと一枚板の個性は、自然なものであるがゆえに、打ち消し合うものではなく共存できることもお伝えします。



やかた新商品再入荷商品
やかたアウトレット商品
実店舗のご紹介
納品事例
お知らせ
アクセス
ベッド館のご紹介
府中ぶつだん|仏壇専門Webサイト

Ranking

Top
Instagramインスタグラム
府中家具の館
  • 本店 本店

    〒726-0012 広島県府中市中須町1086-1
    0120-47-1167(通話料無料)
    fax.0847-45-3353
    営業時間 8:00ー19:00 年中無休
    info@kagunoyakata.net

    google mapで表示
  • 第2展示場「新生活館」・ベッド館 第2展示場「新生活館」・ベッド館

    ※仏壇とベッドの取り扱い。
    〒726-0012 広島県府中市中須町91-2
    0800-100-5363(通話料無料)
    fax. 0847-45-3353
    営業時間 8:00ー19:00 年中無休

    google mapで表示
(通話料無料)お電話でお問い合わせ受付けます。 年中無休 8:00〜19:00
TEL: 0120-471-167